知っておくべき薄毛のこと

薄毛というのは表現としてあまり使わない言葉かもしれませんが、薄毛というのはいわゆる髪の毛が少なく地肌が目立っている様な状態をいいます。

髪が薄くなったという言い方をする人が多いと思いますが、薄毛とはその意味になります。

薄毛になるのはなぜかといえば、何かしらの原因によって髪が抜け落ちているからで、結果髪のボリュームが少なくなっている状態になります。

禿げているのとは少し状態が異なり、毛髪自体が消滅していることではないので、適切な治療や生活の見直しによって、症状が良くなる事もあります。

髪の毛について、毎日シャンプーしたり、ドライヤーをかけたり、ブラシで解かしたりするわけですから、髪の毛が日々抜けるというのは当然知っていることで、一日に抜ける髪の量がそこそこあるということもご存知の方が多いと思います。

髪は寿命があり、新しい髪の誕生とともに古い髪は抜け落ち、成人になると一日に抜ける髪の量は50本から100本くらいだそうです。

かなりの本数ですが、毎日これくらいの量の髪が抜けたからといって、薄毛になるのではなく、髪は生え変わるために、常に一定のボリュームが保たれる様になっています。

薄毛になる場合、頭皮の問題、毛穴の汚れ、髪のダメージなど抜けやすい原因があるのは確かなのですが、薄毛を治すためにはこの抜け毛が減ったからといって治るものではありません。

薄毛の場合、髪が抜けるだけではなく、何かしらの原因で成長しない事にも原因があります。

薄毛を対策するには、抜け毛を減らすことと一緒に髪の成長を正す必要があるのです。

◆早く改善!女性の薄毛は東京で治療しよう